Job Staffing | 1 min read

人材派遣会社で働く前に知っておくべきことビジネスオーナーやマネージャー

what you need to know before working with a job staffing agency
Michelle Jaco

By Michelle Jaco

にとって、適切な人材を見つけることは非常に大きな負担となりますが、適切な人材派遣会社を使用して労働力のギャップを埋めることで、仕事がはるかに容易になります。

多くの小規模企業のオーナーやマネージャーにとって、適切な人材を見つけることは、非常に負担の大きい経験になる可能性があります。ジョブの説明や投稿の起草、アプリケーションの確認、見込み従業員の面接、給与の交渉のプロセスは、所有者またはマネージャーがビジネスの運営に費やすかもしれない時間がかかります。これは明らかに組織の生産性に対する潜在的な脅威をもたらします。

成功 するためには、ビジネスに強力なチームがあることを確認することが重要です。これを達成するために、雇用主は人材派遣会社と提携することを選択しました。これにより、独自の人材プールを育成し、オープンポジションに提供することで、従業員のプロスペクティングに専念する時間と労力の多くを排除できます。

人材派遣会社と提携する市場で?まず、事実に慣れてください。

人材派遣会社が提供するものますます

多く、人々は一時的な能力で、パートタイム、フリーランスを働くことを選択しており、雇用者はますますこれらの労働者を従事して喜んでいます。


これらの労働力のギャップを埋めるために、適切な人材派遣会社を使用することには多くのメリットがあります。その中には、

雇用におけるスピードと正確性雇用
市場の改善により、候補者はより有利になり、より長く、より退屈な雇用プロセスにつながります。確かな人材派遣パートナーは、そのプロセスを合理化し、最も適格な候補者だけが面接のためにカットされるようにすることで、時間とコストを節約できます。

柔軟性の向上
生産性を高め、必要なときにフルタイムの労働者を雇うことを目指す企業では、一時的な人材派遣により、組織が新しい正社員に従事し、保険や有料給付など、それらと一緒に行く義務のすべてを負うことなく、ギャップ

リスクの低減
雇用市場の改善だけが、新しいフルタイム労働者を雇用することに消極的ではありません。このような税金をカバーし、保険給付を提供し、労働法に沿って維持するなど、フルタイムとパートタイムの労働者を雇用する法律上の義務はかなりあります。また、従業員が予期せず離れる場合や終了する必要がある場合など、財務上のリスクや業務上のリスクもあります。しかし、雇用主は、ジョブ人材派遣パートナーにサインオンすると、代理店は、これらのリスクの多くを取ります。

仕組みジョブ人材派遣会社との

n a 8163

があります。「

  1. 一時雇用」開始日と終了日が設定
  2. された雇用「
  3. 一時雇用」-派遣作業者が長期的に良好なかどうかを判断するために雇用主が使用する一時雇用会社
  4. への適合直接雇用-人材派遣会社がリクルーターとしてのみ機能している恒久的な職階で雇
用人材派遣会社の場合、採用プロセスは、雇用主が特定の時点で必要としているものに依存します。代理店は、オープンな役割に適合する現在の従業員を持っていない場合、それは1つまたは複数のジョブボードと求職者が頻繁に他の会場にポジションを掲示します。このプロセスは、ファーストパーティの雇用者のそれに従い、面接、バックグラウンドチェック、およびその他の前提条件があります。

代理店が適切な候補者を見つけたら、彼/彼女は雇用者ではなく代理店の従業員として雇われる(上記のように直接雇用の場合を除く)。労働者の給与および給付は、雇用期間が、顧客(雇用主)のニーズによって決定され、人材派遣パートナーを通じて直接処理されます。

はじめに人材派遣の開始人材

n a 8164

一方、特定の市場(小売労働者、熟練労働者、経営幹部など)を専門とする傾向があります。いずれにせよ、雇用の担当者は、評判の良い確立された会社を探すべきです。そのすべては、ウェブ上のレビューウェブサイトで検証することができます。

あなたのニーズを明確にする
良い人材派遣会社は、最高の労働者を見つける手助けをしたいと思うでしょう。そのためには、要件と非交渉は、最初から明確かつ細心の注意を払って伝えなければなりません。人材派遣パートナーは、あなたの会社、利用可能な職場、求めている従業員のタイプについてできるだけ多くを知っている必要があります。代理店は、ビジネスポリシーと慣行(ドレスコード、営業時間、休みなど)についてもアドバイスする必要があります。これにより、少なくとも企業文化に多少精通し、組織内でどのような労働者が繁栄する可能性が高いかについて理解できます。

法的側面に対処 する
技術的には、雇用主と人材派遣パートナーとの関係は契約上のものです。したがって、関連する責任と補償のすべては、当該契約において明確にしなければなりません。ここでは、雇用関連の法的詳細(労働者の分類、福利厚生、給与税など)がすべて記載されます。一時的な役割と一時的な役割の場合、人材派遣会社は課税の目的で記録保持者になります。したがって、代理店は、提供している労働者が独立した請負業者でないことを確認できる必要があります。


適切な人材派遣パートナーのためのあなたの検索は、迅速かつ簡単であるか、いくつかの試行錯誤を取るかどうか、 良い仕事関係を維持 する、素晴らしいサービスと偉大な労働者を提供することが発見されると、良い仕事関係を育成し、維持することが重要です。エージェンシーとの継続的な談話(新規就業者の仕組み、組織内の新規開発など)は、組織や人材派遣パートナーにとって将来の人材検索をより容易にするため、長い道のりとなります。