雇用スタッフ | 1 min read

雇用代理店対人材派遣会社:あなたの会社にとって最適なのはどれですか?

employment agency vs staffing agency which is best for your company

By

雇用機関と人材派遣機関の両方が、求人情報への支援を必要とする企業にとって大きなリソースとなります。

これらの 人材派遣ソリューション は両方とも交換可能であることが多いですが、それぞれ異なる状況にあるビジネスに適した異なるサービスを提供しています。そのため、雇用機関と人材派遣機関の大きな違いを理解し、会社にとって適切なソリューションを見つけることが大切です。

各タイプのエージェンシーは何をしていますか?

コストと時間のかかる直接雇用のプロセスをスキップしたい企業にとって、雇用と人材派遣代理店は素晴らしい選択肢ですが、同じ状況には適していません。

雇用機関の雇用機関
は、長期的な求人情報を埋めるために資格のある従業員を見つけることに特化しています。

これらの機関は、通常、積極的に雇用を求めている教育を受けた経験豊富な志願者のプールを持っており、企業がポジションを埋めるためにそれらに来るとき、雇用機関は、会社に資格のある個人を送信します。採用マネージャーは、代理店から送られた人のいずれかを雇うかどうかを決定できます。

このプロセスにより、雇用者は資格のない応募者のプールを通過することを避けることができ、求職者はより迅速に関連する仕事の機会を見つけるのに役立ちます。

人材派遣会社一時代理店
と呼ばれる人材派遣会社も表示される場合があります。これは、雇用機関とは異なり、人材派遣機関が一時的な就職活動を行うことを専門としているためです。

たとえば、従業員の一人が家族休暇、長期休暇、または病気になった場合、退職するまで一時的に職階を記入する必要があります。この場合、長期の直接雇用を避けたい場合があります。

代わりに、人事担当者は人材派遣会社に連絡して、事前スクリーニングされた、資格のある求職者 の一時的な開口部 を見つけることができます。

人材派遣会社はまた、ピークシーズン中に追加の支援を必要とする季節的なビジネスにも非常に役立ちます。

Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
Try it free for 14 days.

主な特徴これらのスタッフ配置ソリューションはどちらも異なる目的を果た

key features 1597234865 6118

していますが、多くの類似点があります。

どちらか一方を選択する前に、これらの類似点と相違点を考慮して、最適な解決策を見つけることが重要です。

類似点
雇用機関と人材派遣機関は、長期雇用対短期雇用では一般的に異なりますが、次のような共通点があります。


  • 中間者:どちらのタイプの機関も、求職者と雇用者の間の仲介者として機能します。により、採用マネージャーが適格な応募者をすばやく見つけることが容易になりました。
  • 長期雇用:人材派遣機関は派遣労働者の提供に特化していますが、雇用者に価値と経験を証明するため、派遣労働者は正社員に転身するのが一般的です。
  • 事前にスクリーニングされた従業員-雇用機関と人材派遣機関の両方が、従業員を事前にスクリーニングするので、その職位を満たす資格があることを確認できます。
最終的には、両方の選択肢は、 適格な求職者をできるだけ早く見つける 必要がある企業にとって、実行可能なソリューションを提供します。

相違点
いくつかの類似点がありますが、これらのタイプの機関間の違いははるかに重要です。これらの違いは、

  • 長期対短期対短期対短期対短期対短期対短期対短期対短期対短期対短期対短期対短期対短期対短期対雇用機関は、長期的な適合性を見つけることに特化しています。
  • 私的対公共:雇用機関は、すべての人材派遣機関が私的に運営されている間、非公開または政府運営のいずれかにすることができます。
  • 雇用レベル-人材派遣機関は、エントリーレベルの役職だけでなく、管理職にも対応できます。一方、多くの雇用機関は中間レベルの従業員のみに対処します。
  • 業種-人材派遣機関は、多くの場合、いくつかの特定の業界に自分自身を制限します.雇用機関は、通常、さまざまな企業や産業を扱います。
  • 雇用と支払い:一般的に、雇用機関は従業員を雇用または支払うことはありません。彼らは単に労働者を提供します。人材派遣代理店は、通常、従業員を雇用し、支払う、とクライアントは、直接人材派遣代理店を支払います。
  • インタビュー:人材派遣会社によって配置された労働者は、一般的に、彼らは新しい位置に配置される前にインタビューしません。雇用機関が提供する従業員は、ほとんど常に雇われる前にインタビューします。

    あなたのニーズに最適なものはどれですか?

    which one best fits your needs 1597234865 5526

    これらの人材派遣ソリューションはどちらも異なる目的を果たすため、どちらも本質的に他のソリューションよりも優れた選択肢ではありません。適切な選択肢は、雇用主としてのニーズに完全に依存します。

    それぞれのタイプのエージェンシーがどの状況に適しているかを詳しく見てみましょう。

    雇用代理店を選択する理由雇用
    主は、次の場合に雇用代理店を選択することを検討

    • する必要があります。長期雇用オープンを埋める
    • 必要がある
    • 面接と雇用プロセスをより詳細に制御したい
    • 上位レベルまたは高度なスキルを満たす必要がある職位
    人材派遣会社を選択する理由
    一方、
    • 短期的な職位を埋める必要がある場合は、人材派遣会社を選択する方が良いかもしれません。
    • 従業員をフルタイムの職に就く前にテストしたいとします。
    • 雇用法や税金の追跡は避けたいのよね
    • 採用と面接のプロセスをスキップします。
    • ニッチなスキルを持つ従業員を見つける必要があります。
    一般的に言えば、雇用機関は、高度に熟練した長期労働者を必要とする雇用主に適しています。たとえば、上位の管理職を埋める必要がある場合、雇用機関はおそらくあなたの最善の策です。

    一方、人材派遣代理店は、非熟練職を埋めるために短期労働者を必要とする雇用主に適しています。

     cta content inline and exit intent