1 min read

the best practices to ensuring team collaboration

By

人類がコミュニティの一員になりたがるのは当然です。強いコミュニティは、人々が助けや支援、指導のために互いに依存する場所です。また、さまざまな視点や視点の空間としても機能し、個人の成長を育むために不可欠です。

コラボレーション環境は、個人の個人的な生活にあるのと同じくらい職場でも重要です。従業員は、彼らが同僚や指導者とつながっていると感じるとき、はるかに長い組織で採用される傾向があります。

ビジネスオーナーにとって、各チームメンバー間の強いコミュニティ感覚を奨励することは、コミュニケーションとコラボレーションの栄え方であり、従業員の効率性と収益性の達成に役立ちます。ワークプレイスにおけるチームワークと関係構築の重要性、およびコラボレーションを実装するためのベストプラクティスを理解するために、先読します。

チームコラボレーションのベストプラクティスチームコラボレーションは、コミュニケーションが合理化され、従業員が主要な目的を達成するための努力を組み合わせることができるように、ビジネスアプローチです。職場でのチームコラボレーションの最適化は、長期的なビジネス目標を達成するためにどれくらい重要であるかを理解しているため、成功する企業にとって優先事項です。

組織はサイロ効果を排除するために、異なる部門間の強力なチーム間のコミュニケーションを促進する必要があります。サイロ効果は、異なるチームが相互に効果的に通信するためのシステムがない場合に発生します。サイロ効果により、重複した労力、生産性の低下、士気の低下、これらすべてが収益性に悪影響を及ぼします。

コミュニケーションとコラボレーションを促進する企業文化の育成は、最適な作業効率を確保し、業務効率を達成するために不可欠です。職場でのチームコラボレーションを促進するためのベストプラクティスは次のとおりです

Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
Try it free for 14 days.

1.

役割モデルとしてのリーダーシップリーダーシップリーダーシップチームは、より良いまたは悪いために従業員の行動に影響を与える力を持っています。高レベルの幹部や上司がソフトウェアツールやコミュニケーション技術の使用を拒否した場合、従業員はおそらくどちらでもありません。

効果的な指導者は、各共同システムから最大の利益を引き出すための最良の方法を示す必要があります。彼らは、各システムがビジネス目標を達成する上でどれくらい価値があるかを認識しているため、各コラボレーションツールを完全に理解しています。

また、優れたリーダーは、各システムが従業員の作業をよりシンプルかつ合理化する方法についても伝えています。部下の良いロールモデルとして機能することも仕事の文化を向上させ、さらにチームのコラボレーションスキルを最適化し、説明責任を強制します。

2.戦略を実装するまず、

すべてのビジネスは、協調的なソフトウェアツールや技術に投資する前に、所定の位置にコミュニケーション戦略を持っている必要があります。

効果的な共同戦略には、チームワークに影響を与え、知識探索を改善し、責任を共有することを奨励するプロセスまたはポリシーのリストが含まれます。コミュニケーション戦略を導入することで、各ツールを成功に導き、重要な目標を達成し、効率を最適化することができます。

3.

3 dont micromanage collaboration 1613160616 9307

コラボレーションをマイクロ管理しない管理がチームをマイクロ管理し、権限を超過すると、創造性を妨げて、効果的なコラボレーションが仕事を完了するのを防ぎます。説明責任を確保するための一連の手順とポリシーを適用することは重要ですが、従業員が協力して問題を解決できるようにすることで、疑いの余地をもたらすことが最善です。

これにより、チームメンバーは、専門知識の探索、情報の共有、戦略のテストを自由にできるようになり、権限を与えられるようになります。チームが主要業績評価指標を満たしていない場合、経営陣はステップインして非効率性を解決できます。

Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
Try it free for 14 days.

4.フィードバックと行動に耳を傾け、

高い離職率に貢献する要因の1つは、従業員が評価されずに職場にいることです。従業員が自分の仕事を実行することを妨げているボトルネックがある場合、それは未解決に進み続ける場合、それは非常にイライラします。

経営陣は、報復を恐れることなく、従業員が建設的な批判やフィードバックを提供するための安全なスペースを提供する必要があります。従業員のフィードバックとソリューションをコラボレーション戦略に統合することは、チームコラボレーションを最適化し、従業員のエンゲージメントを向上させるために不可欠です。

5.

コラボレーションとワークフローの統合コラボレーションは、個別の頻度の低いアクティビティではなく、常に日常的な作業の一部である必要があります。

たとえば、営業チームのメンバーは、コラボレーションツールを使用して、顧客の注文の変更を入力し、製造チームによって表示することができます。最終製品を送付する前に、製造チームは必要に応じて注文を調整し、同じプラットフォームを通じて販売チームに確認を送信します。

業務プロセスを時間通りに完了するには、作業者が日常のワークフローに統合して簡単に共同作業を行うために必要なツールを用意しておくことが不可欠です。また、部門間の信頼関係を築き、情報サイロを排除できるため、重複した作業や間違いがありません。

6.

6 foster a supportive work culture 1613160616 4406

支援的なワークカルチャーの育成チームワークの効率化に向けたイニシアチブを創造することで、コラボレーションを促進し、従業員の士気を向上させます。

懸命なチームワークのためのプロモーション、募集、または認識を与えることで、労働者は強力なパートナーシップを構築し、目標を達成するために上およびそれを超えて行くのに役立ちます。たとえば、ビジネスでは、スタッフのボーナスの一部が、彼/彼女が同僚とどれくらい効果的に働くかに関連していることを確認することができます。

このような支援的なワークカルチャーは、トレーニングの実施と情報への容易なアクセスを必要とし、誰もが成功の機会を得られるようにします。

7.

適応性を奨励する成長主導型の組織には、適応性と柔軟性が求められる特性です。外部条件は常に進化しており、成功している企業は内部プロセスを変更して整合性を確保しています。

これには、作業者の効率とコミュニケーションを最適化できる新しい共同ツール、テクニック、およびシステムを開放する必要があります。組織が革新的で収益性の高い状態を維持できるよう、最新の業界動向や競合他社を常に把握することが重要です。

key takeaways 1613160617 2847

主なポイント結論として、ここでは、チームコラボレーションを確保するためのベストプラクティスを示します。

  • リーダーは、従業員が彼らに与えられたコラボレーションツールを確実に活用するための適切なロールモデルでなければなりません。また、コラボレーションツールに投資する前に、全体像的なコラボレーション戦略を実装することも重要です。そのため、このツールが運用を合理化し、目標達成に役立つ方法を誰もが把握できます。
  • 微細管理作業者は、創造性を抑え、職場での効果的なコラボレーションを防止します。すべてのチームからのフィードバックを聞き、それに基づいて行動することは、従業員の士気を高め、従業員の効率を確保するのに役立ちます。
  • コラボレーションは、個別のアクティビティや頻度の低いアクティビティではなく、リアルタイムワークフローと統合する必要があります。健全な労働文化では、従業員が共同作業を継続できるように、ハードなチームワークを認識する必要があります。
  • 内部条件と外部環境との整合性を確保するには、適応性が求められます。これには、適切なツールに投資し、その使用方法を従業員に知らせることが含まれます。

 cta content inline and exit intent