1 min read

10 ways to promote successful collaboration in the workplace

By

共同作業環境づくりの10のヒント従業員は、オープンなコミュニケーションとチームワークを育むビジネス環境でうまくパフォーマンスを発揮します。コラボレーションを優先する労働文化は、チームメンバーではなく、個々の目標だけでなく、チームの目標を達成することに焦点を当てることを奨励します。

従業員は、小規模企業におけるエンゲージメントと士気を最適化する、より大きなコミュニティの一員であるように感じています。従業員に効果的なコラボレーションスキルを身につけることで、すべてのスタッフは重要なタスクを達成するために他の人とパートナーを組む方法を知っています。職場でのチームコラボレーションを促進するトップ10の方法は次のとおりです

  • コミュニケーションの低下とコラボレーションの影響:
  • 80% の従業員が職場での内部コミュニケーションの悪さのために動揺している
    • 職場の共同作業はイノベーションを 15% 減少させ 、
    • 働かない従業員協力的に 36%
  • 高いタスクを完了する可能性が高い効率的な通信を行う企業は、従業員を保持する可能性が 4.5 倍高い
  • 1.

    主要目標従業員は、組織のコアバリューと長期的な目標を理解したときに、良好なパートナーシップを形成することを定義します。興味深くエキサイティングな目標は、従業員が職場コミュニティの一員になるよう促します。

    従業員は、会社の使命の大きな文脈で自分の仕事の目的が何であるか正確にわからないとき、それは彼らが他の人と効果的に働く可能性は低いです。優れたコラボレーションには、明確かつ簡潔な目標の知識が必要です。

    Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
    Try it free for 14 days.

    2.

    手順の設定とコミュニケーションチームメンバーは、訓練を受け、そうするように奨励されない限り、通常は共同作業を行わない。経営陣は、効果的なコラボレーションを促進するために、各ビジネスユニットのポリシーと要件を確立する必要があります。

    誰もが自分の役割を理解すると、各スタッフは正確に何をすべきかを知ることができます。また、手順を通信することで、各労働者が自分の要件に固執し、同僚のつま先を踏まないことで、競合を防ぐことができます。

    3.チームの目標を設定し、

    コミュニケーション管理は、各チームごとに特定のパフォーマンス目標を制定し、全員が責任を負う必要があります。また、定期的なパフォーマンス評価だけでなく、進捗状況を追跡する方法も必要です。

    最適な結果を得るには、目標はスマート、または具体的、測定可能、達成可能、現実的、タイムリーでなければなりません。この透明性を重視すると、重複した努力、過ち、紛争も減少します。

    4.個人の強みを活用する各チームメンバーは、

    他の人とうまく動作するように奨励する必要があるため、経営陣は弱い領域とは対照的に、個々の強みに焦点を当てる必要があります。スキルテストを提供することは、各人が得意と彼/彼女が持っている性格の強みの種類を知るのに役立ちます。

    各メンバーの強みを伝えることで、必要なときに誰に助けを求めるべきかを誰もが知ることができます。タスク割り当ては、プロジェクトが最大の効率と品質で完了することを確認するために、これらの評価の結果に基づいて行う必要があります。

    Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
    Try it free for 14 days.

    5.

    5 emphasize inclusion 1613173029 9601

    包摂を強調緊密に結びついたチームは、お互いをほとんど知らないグループよりも効果的に働きます。すべてのチームメンバーは、彼らが価値を感じていることを確認するために、意思決定プロセスの各部分に含める必要があります。

    この目的意識が植え付けられ、スタッフは新しい目標を達成するための努力を自然に増やすことができます。毎日の集まりや毎週の会議を確立することで、この仲間を改善し、コラボレーションが盛んになる関係を奨励します。

    6.

    イノベーション文化の育成効果的なチームは、アイデアを紹介し、安全な環境でフィードバックを提供するためにインスピレーションを得なければなりません。彼らはまた、日常の障害を克服できることを知るために定期的に奨励する必要があります。
    前向きな態度は職場に伝染します。

    チームリーダーがやる気と課題を克服することを決定した場合、他のメンバーはまた、自分の能力に自信を感じています。

    また、各従業員が経営陣とつながっていると感じられるように、上司が他のメンバーからの定期的なフィードバックや潜在的な解決策を求めることも重要です。

    7.従業員エンゲージメントと士気を最適化するには、

    経営陣と部下の信頼関係を築くことが不可欠です。経営陣は、フィードバックに耳を傾け、問題を解決することを約束したときにフォローし、可能な限り部下を保護する必要があります。

    効果的な管理者は、チームメンバーとの信頼を構築することは、彼らの忠誠心と献身を得るための最良の方法であることを知っています。強力なパートナーシップは、組織の各側面に影響を与え、ビジネスの成長と収益の向上を保証します。

    8.

    8 encourage socialization 1613173029 5688

    社交を促す社内関係の構築はビジネスの成功に不可欠ですが、オフィス外での関係を育むことも重要です。

    職場環境の外で社交することで、より自由なコミュニケーションと仕事の外にいる人の理解を深めることができます。従業員は、より詳細なレベルで同僚を知り、判断や誤った固定観念を避けるのに役立ちます。

    9.

    良いチームワークを認識ハードワークのために評価されていない感じは、低い保持率と低いエンゲージメントに貢献する主な要因です。勤勉な仕事で従業員に報酬を与えることは、誰もが自分のパフォーマンスを向上させ、個人的な制限を克服することを奨励します。

    成功のために労働者を認識することは、インセンティブプログラムを実施することと同じくらい重要です。ソーシャルメディアでスタッフを祝福する投稿を作成したり、グループテキストで叫び声を送ったりすると、士気を高め、チームのコラボレーションを促す驚異的なことができます。

    10.常に礼儀正しく

    、困難な日を持っているとき、チームメンバーは、他の同僚に彼らの欲求不満を取ることは魅力的ですが、これはすべてのコストで避けるべきです。パッシブアグレッシブな発言や無礼は、チームの結束性に深く影響し、他の人を不快に感じさせる可能性があります。

    人格衝突は、頻繁に職場で起こる別の問題です。人々は常に仕事の外で友人であるとは限りませんが、それは彼らがビジネスプロセスを完了するために一緒に働くことができないことを意味するものではありません。

    気分、人格衝突に関係なく、常に礼儀正しく、礼儀正しい滞在は、重要なビジネス目標を達成するために必要な関係を維持します。

    key takeaways 1613173030 9012

    主な要点結論として、

    • ここでは職場でのコラボレーションを成功に導くためのヒントを紹介します。チームリーダーは、重要な目標を定義し、職場のコラボレーションを促進するための期待を確立する必要があります。
    • チームの目標を伝え、個々の強みを活用することで、従業員のエンゲージメントを促進し、全員が職務遂行方法を把握できるようになります。
    • インクルーシブな文化を創造することは、イノベーションを奨励し、チームメンバーのモチベーションを高めます。誠実さと約束に従うことで、信頼が構築され、忠誠心と献身が保証されます。
    • 仕事以外での社交は、パートナーシップを強化するのに役立ちます。チームワークは士気のために不可欠であることを認識し、礼儀正しいことは紛争を防ぎ、結束性を最適化します。

     cta content inline and exit intent