1 min read

10 コラボレーションリーダーシップスタイルの特徴異なる部門が連携してビジネス目標を達成するためには、

10 characteristics of a collaborative leadership style

By

誰もがビジネスの世界のリーダーになるための設備が整っているわけではありません。リーダーシップは、多くの人々だけが持っている特定の人格特性を必要とします。さまざまなチームの管理、競合の最小化、直属の管理、従業員のモチベーションの促し、KPI を確実に満たすことは、 多くのリーダーシップスキルのほんの一部です

世界的な競争と市場の状況により、多くの組織が競争に苦労してきました。生き残った人は、リーダーシップチームの決意と協力的なスキルのためにそうしました。これらのスキルは、組織が外部の混乱を軽減し、内部関係を強化し、財務上の成功を確保するために役立ちます。

コラボレーション・リーダーシップ・スタイルのトップ10の特徴についてお読みください。

  • 2019年に組織の 77% がリーダーシップのギャップを経験した労働者
  • 83% は、全体にわたって強力なリーダーを育成することが不可欠だと言っています企業のあらゆるレベルで
  • 63% がリーダーシップの資質が十分に発達していないと考えています
ビジネスの成長に必要なリーダーシップの資質を持っているCEOはわずか 14%

10

コラボレーティブリーダーの特徴共同リーダーはどのようなものですか?コラボレーションリーダーシップスタイルは、 ビジネスの成功のためのコラボレーション環境を構築することの価値を理解しているマネージャーやエグゼクティブによって使用されます

これらの資質を持つ個人は、異なるチーム間のコミュニケーションを促進し、それらの結果として生じる課題を処理するのに十分な忍耐力を持つことができます。

企業にとって、グループ・プロジェクトの合理化、リソースの最大化、情報の適切な共有、重要な目標の達成のために、共同リーダーを採用することが不可欠です。共同リーダーは異なるスキルセットと特性を持っていますが、それらはすべて次の属性を持つ傾向があります-

Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
Try it free for 14 days.

1.

さまざまなモチベーションを理解するリーダーシップの開発には、どのような環境でも成功を育む必要性が必要です。彼らはその後、会社の財務価値を創造するために、リーダーによって訓練された動機づけされた個人を求めるために、その地位と影響力を使用します。

共同リーダーは、各ビジネスユニット、チームメンバー、および会社の動機を理解しています。リーダーシップの役割を持つ人は、組織全体のための最良の結果を提供するために、これらの動機を利用することができます。

2.Micromane

2 doesnt micromanage 1613679337 1495

ではないコラボレーションリーダーは、組織内のあらゆる状況を完全に制御できないことを知っています。プロトコルに従うように従業員を適切に訓練することは重要ですが、何をすべきかを従業員にやらせることは不可能です。

代わりに、効果的なリーダーは、従業員を奨励し、動機づけすることにより、 目標を達成するために従業員を鼓舞します 。優秀な指導者はそれらを微量管理しないので、チームは働きます。リーダーは、多くの場合、この管理スタイルは、ビジネスの成功を達成するために必要な逆の効果を持っていることを認識しています。

3.

幅広い才能とスキルを持っている効果的な共同リーダーは、異なるビジネスユニットや状況にわたって有用なスキルと才能を持っている必要があります。これには、顧客関係を管理し、さまざまなステークホルダーを扱い、戦略的計画の採用、綿密な分析の実行、およびパフォーマンス目標を達成するための労働者を奨励が含まれます。

Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
Try it free for 14 days.

4.

チーム間の関係の構築コラボレーションリーダーシップの目的は、コミュニケーション障壁を排除し、部門、マネージャ、顧客間の関係を最適化することです。優れたリーダーは、信頼を構築し、チームメンバー間の紛争を最小限に抑え、最良の結果を確保する方法を知っています。

週報や統計に焦点を当てるだけでは不十分ですが、各スタッフを個別に理解することができます。これは、 対人関係のスキルとクロスファンクショナルチームを管理するために一定量のパワーを必要とします。

5.

5 encourages risk taking 1613679338 8470

リスクテイキングを促す良いリーダーは、チームメンバーが指定された目標を超えてキャリアを進めることを望んでいます。彼らは、従業員の新しいアイデアを共有し、リスクを取る動機を与える仕事の安全性と勤勉へのインセンティブを評価する環境を育成します。最高のアイデアを共有し、各人の力を活用した結果、士気が向上します。組織全体に大きな創造性とビジネスの成長もあります。

6.共感の大きい感覚共同リーダーは、

ビジネス全体で異なるユニットと対話するので、彼/彼女は各機能領域のさまざまなニーズと成果を理解しています。これは、重要な目的、文化的障壁、 生産性に影響を及ぼす可能性のあるその他のコミュニケーションのボトルネックに関して特に当てはまります

7.

7 values transparency 1613679338 2804

価値の透明性チームメンバーから情報を差し出した場合、透明性を尊重する文化を作ることは不可能です。すべての情報をすべての人と共有することは不可能ですが、優秀なチームリーダーは正直なコミュニケーションがどれくらい価値あるかを知っています。

共同リーダーは、さまざまなチームを通じてビジネスデータを継続的に処理し、提供することで、問題解決を最適化し、柔軟性を促進します。

8.

競合を理解する従業員が異なる視点を共有することが奨励されると、多くの場合、部門間で競合が発生します。共同リーダーは、健全な競合は、組織がプロセスを学び、改善するために不可欠であることを認識しています。

優れた指導者は 、健全な紛争と、問題解決とより良い意思決定に寄与しない効果のない不法な争いに違いがあることも知っています。

9.

9 well rounded skill set 1613679338 2671

バランスのとれたスキルセット共同リーダーは、組織の各部門の観点から懸念を認識します。彼/彼女は異なる人々が同じ問題を見ることができる方法を認識する能力と知識を持っているように、部門間の懸念は効果的に良いリーダーによって管理されています。

このスキルセットは、ビジネスユニット間の良好な関係を維持し、問題解決を妨げる可能性のある競合を最小限に抑えるために不可欠です。

10.

強力なネットワークの構築効果的なリーダーは、部門間の関係を維持することがコラボレーションにとって不可欠であることを理解しています。彼らは反対するものと橋を燃やさないが、 重要な目標を達成するための共通の根拠を見つける

これらの個人は、自分のキャリアに迅速に進め、企業のための効果的なチームを実装する方法を知っている傾向があります。危機の時には、良い指導者は外交的であり、チームの努力の代わりに力を放棄する意思があります。

key takeaways 1613679338 6704

重要なポイント結論として、ここにコラボレーションリーダーシップスタイルの10の特徴があります。

  • 共同リーダーは、組織のさまざまな部門にわたるさまざまな動機を理解しています。リーダーは、創造性を低下させ、生産性を低下させる傾向があるので、マイクロマネージングする必要はありません。
  • 優れたリーダーは、幅広いスキルを開発し、重要なタスクで共同作業できる部門横断的なチームを構築することができます。
  • 共同リーダーは、リスクテイクとキャリアアップを奨励しています。彼/彼女はまた、他のセクターのニーズに共感し、人々が問題を解決するために一緒に働くのを助けることができます。効果的なリーダーはまた、透明性を重視し、良好な関係は信頼の上に構築されていることを理解しています。
  • 効果的な指導者は、セクター間の人々が異なる視点を共有するときに競合が発生することを認識しています。彼/彼女はまた、さまざまなビジネス機能にわたって豊富なスキルを持っています。最後に、リーダーは強力なネットワークを構築し、橋を建設しないようにする必要があります。

 cta content inline and exit intent
デモのスケジュール