1 min read

チーム間のコラボレーションを奨励する理由

why you should encourage cross team collaboration

By

多くの大企業は、職場でのチーム間のコラボレーションを促進することの利点を認識しています。異なるセクター間のコミュニケーションを促進した結果、これらの企業は、主要な目標の達成、成長機会の特定、収益性の達成に役立つ新しい洞察を生み出しました。

中小企業は、クロスチームコミュニケーションの必要性はそれほど多くないかもしれませんが、必要なときにチームワークを奨励することは常に役立ちます。チーム間のコラボレーションが職場にもたらす価値を理解するために 、先読んでください。

クロスチームコラボレーションの明確な利点チーム間のコラボレーションは、異なる部門からの従業員のコミュニオン、スキルセット、および経験を指します。これらの機能チームは協力して、会社の目標が達成され、プロジェクトが時間通りに完了することを保証します。

デジタル時代では、チーム間のコミュニケーションが不可欠となっています。すべての市場における競争が激化する中、新しいテクノロジーが生産を拡大する中、コラボレーションはビジネスの世界において実行可能なままに不可欠です。チーム間のコミュニケーションを改善するために、funcionalチームのコラボレーションは、

  • 次の動機づけと決定されたチームを含むべき個人が彼らのクロスファンクショナルプロジェクトを担当した創造的で戦略的な従業員強力なリーダーシップと
  • コラボレーションスタイル大企業の目標と矛盾しない個人の目標誰もが理解できる簡潔で明確な要件コラボレーションを確実にするための効果的なコミュニケーション効果的なクロスクロス
  • 共同作業で重要なタスクを完了するチームは、組織にいくつかのメリットをもたらします。これらには含まれています-

    Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
    Try it free for 14 days.

    1.

    ビジネスプロセスに関する洞察の向上部門間のコラボレーションは、問題解決がチームワークの結果であるため、より多くのソリューションが生成されます。

    異なるレベルの専門知識を持つ個人を一緒に配置する共同リーダーは、これまでに見られなかった新しい洞察の茄多を得るでしょう。これは、完成したプロジェクトの最終結果を改善し、すべての人の才能で最高のものを引き出し、士気を向上させ、生産性を向上させます。

    2.

    2 increased engagement 1613674666 1478

    エンゲージメントの増加エンゲージメント不足は深刻な懸念事項であり、従業員の 60% 以上が職場から切り離されたと感じています。これにより、保持率に悪影響を及ぼし、士気が低下し、生産性と効率性が低下します。これは、リモートチームや他のオフサイトの作業者に特に当てはまります。

    形成された新しい関係の結果として、 コラボレーション組織は 、より従事している従業員を持つ傾向があります。これにより、全体的なワークカルチャーを強化し、従業員間の接続性に影響を与える情報サイロを排除できます。

    3.

    コミュニケーションを奨励するコミュニケーションは、ビジネスを展開する基盤です。プロジェクトが完了し、ビジネス目標を達成するための唯一の方法です。クロスファンクショナルチームは、コミュニケーションに他のチームメンバーの強みを活用し、任意の弱点を最小限に抑える一緒に個人の異なる配列をもたらします。

    これは、すべてのチームメンバーのための有益なフィードバックを与えるためのスペースを提供し、より詳細なレベルで同僚を理解し、信頼を中心とした関係を構築するのに役立ちます。

    Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
    Try it free for 14 days.

    4.

    4 learn good management skills 1613674667 7663

    良い管理スキルを学ぶ部門間のコミュニケーションは、 特定の個人がリーダーシップスキルを向上させるのに役立ちます 。リーダーシップは誰にでも設定された生得的なスキルではありませんが、それは他の人と一緒に働くことを通じて学ぶことができます。

    グループが一緒に配置されると、従業員はリーダーシップスキルを探ることができます。メンバーは、さまざまな視点から労働者を処理し、時間通りにビジネスプロセスを完了するために一緒に作業できるようにするために、一連の管理スキルを習得する必要があります。

    5.

    より包括的になる組織の異なる部門の人々が一つの場所に一緒に配置されている場合、それは異なるスキルセット、専門知識、および視点のためのスペースを提供します。

    個人は、共通の目標を共有し、お互いのより深い理解を通じて、より良い関係を構築することができます。包摂性のこのタイプは、組織の結束と労働文化に影響を与える任意の判断の態度を排除します。

    6.

    Comraderyを構築する部門間のコラボレーションは 、リーダーが大きな問題を解決するために協力して取り組むことができる高い達成者のチームを作る機会を提供します。この結束性により、個々のチームメンバーは互いに理解し、より忍耐強く、同僚の限界を認識することができます。

    このプロセスを最適化するには、チームリーダーは優秀な人材を特定し、チームに適した人材を選択し、ソフトウェアソリューションを活用してコラボレーションを改善し、異なるタイプの人々間の関係を奨励する必要があります。最後に、すべてのグループの目標は、関係を構築する彼らの間の価値を作るために、個々のチームメンバーに利益を得る必要があります。

    • 75% の従業員は、個人の生産性を向上させるには同心意識が重要だと言っています
    職場でのポジティブなコミュニケーションの 50% が社外でのソーシャルインタラクションに貢献している対面インタラクションで生産性を最大
  • 35% 向上
  • 7.

    7 spurs innovation 1613674667 7374

    イノベーション推進部門横断的なチームを構築することは 、成長志向の進歩的な組織にとって良い投資です。共同チームは新しいアイデアを生成するため、これらの組織は、従業員が一人で働くことを奨励する企業よりも革新的である傾向があります。

    これは、創造性を促進し、新しいソリューションを思いつくための時間や洞察がない個々のビジネスエグゼクティブからワークロードの一部を取り除くのに役立つメカニズムです。それは人々が箱の外で考え、お互いに挑戦することを可能にし、より高い生産性と高い士気につながります。

    重要なポイント結論として、組織はチーム間のコラボレーションを奨励すべき理由です。

    • チーム間のコラボレーションは、ビジネスプロセスと非効率性を減らす方法についてより深い洞察をもたらします。また、従業員のエンゲージメントを高め、士気を高め、離職率の低下につながります。
    • チーム間のコラボレーションが増加し、コミュニケーションを向上させます。これは一緒に組織を保持する接着剤です。それは、特にリーダーになりやすい人のために、良いマネージャーになる方法を個人に教えています。それはまた、人々が異なる視点を許容するより包括的な環境につながります。
    • チーム間のコラボレーションにより、チームメンバー間で同志が構築され、従業員の士気が高まり、その結果、生産性が向上します。
    • 異なるセクターの人々が一緒に配置されるため、チーム間のコラボレーションは、通常、より良い洞察をもたらすため、イノベーションを促進します。

     cta content inline and exit intent
    デモのスケジュール