1 min read

従業員のパンチクロックの主な長所と短所

main pros and cons of an employee punch clock 1619720290 5910

By

従業員のパンチクロックのプロと詐欺従業員のパンチクロックは、 よく知られているタイムレコーダーツールと従業員のタイムシステムフィクスチャです。パンチは、タイムカードにドキュメントスタンプを適用して従業員の労働時間を記録することにより、時間をクロックします。クロックシステムは、従業員の時間追跡と給与システムプロセスの不可欠な部分です。頑丈なパンチクロックから洗練されたバイオメトリックタイムクロックまで、多くのタイムクロックのオプションがあります。タイムクロックは、全国の大中小企業で働く人々の日々の生活に影響を与えます。実際、パンチクロックは、1世紀以上にわたって米国の大中小企業で使用されてきました!

時計システムは自分自身を文化に埋め込み、米国のスラングにも浸透しています。たとえば、職場での従業員の物理的な存在を示す時計をパンチするフレーズ。フレーズは、感情的なエンゲージメントを必要としない仕事に費やされた従業員の時間を表します。しかし、無意味な仕事で従業員の時間をクロックするという概念は、唯一の物語ではありません。従業員と雇用者のための従業員のパンチカードの長所と短所の両方があります。

disadvantages of an employee punch clock 1619720682 6231

従業員のパンチクロックの短所従業員のパンチタイムクロックは、特定の方法で雇用者と従業員が不利益になります。従業員のためのパンチクロックシステムの欠点は、作業環境への影響です。タイムクロックは、従業員がタイムインとアウトタイムをパンチする必要があるため、信頼の欠如を意味します。従業員の中には、雇用者が信頼していれば、タイムレコーダーデバイスは必要ないと感じている従業員もいます。従業員が休憩を含めて時間をクロックすることを要求することは、多くの場合、従業員が不信感と過小評価を感じることにつながります。

興味深いことに、この特定の従業員のタイムクロックの欠点は、大企業とは対照的に、中小企業では異なって感じられます。大企業では、個々の従業員の時間を追跡するのがより困難です。しかし、中小企業は毎日従業員を見て、タイムレコーダーデバイスは不快な作業環境を作り出すことができます。このため、多くの中小企業は、より信頼できる作業環境をサポートするために、タイムクロックを完全に捨てています。

雇用者は、自分の従業員のタイムパンチクロックシステムの欠点を経験します。大企業と中小企業のオーナーは、従業員の時間と生産性がどのように結びついているかをますます理解しています。もちろん、従業員の時間と生産性は、中小企業や大企業の収益性に直接影響します。

従業員がさまざまな時間に、異なるスケジュールで最高の仕事をすることを理解し、時間時計システムを確立しました。ビジネス文化が従来の9~5週間の労働時間から遠ざかると、従業員の仕事の生産性は話題になっています。精通したビジネスオーナーは、従業員が働くのに最適な時間は普遍的に8時間のシフトではないことを認識しています。最終的に、企業はタイムクロックシステムが実際に作業者の生産性にとって不利になる可能性があることを認識しています。

Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
Try it free for 14 days.

advantages of an employee punch clock 1619720682 5200

従業員パンチクロックの利点タイムクロックシステムが雇用者と従業員を提供することは注目に値する利点があります。おそらく、従業員のためのタイムクロックの最も明白な利点は、タイムレコーダーの側面です。時間と従業員の時間を自己追跡する能力は、一部の労働者にとって有益です。スタッフメンバーが時間インとアウトクロックするとき、彼らは彼らの今後の給与期間チェックのより良い見積もりを持っています。従業員のパンチクロックは、オフィスでの自由時間にも影響します。例えば、従業員が昼休みにタイムアウトしたとき、雇用者はそれらを気にしないことを知っています。

雇用者にとってタイムクロックシステムの利点には、より正確な従業員の時間追跡と給与システムの結果が含まれます。優れたタイムクロックシステムは、大企業または中小企業の人件費に不必要にお金を費やす可能性を減らします。従業員のタイムカードに適用される日付スタンプは、勤務時間コンプライアンスの証明として使用できます。

クロックシステムが提供する利点は、使用される技術に大きく依存します。提供される異なるクロックシステムの違いを知ることで、従業員と雇用者は利益を最大化するのに役立ちます。大企業と中小企業向けのさまざまなクラウドベースのオンラインタイムクロックソリューションがあります。

バイオメトリックタイムクロックは、バディパンチングを減らし、使いやすさを向上させる高度な技術が組み込まれています。バイオメトリックタイムクロックシステムは、指紋識別によってバディパンチングを減らします。クラウドベースの生体認証時刻時計により、従業員はモバイルタイムクロックアプリを必要とせずに出勤できます。従業員が自宅に携帯電話を残したり、バッテリーが切れたりすると、モバイルタイムクロックは役に立たない。また、バイオメトリックタイムクロックは、従業員の指紋のみを必要とする使いやすいアプリケーションです。バイオメトリックタイムツールは、バディパンチを実行することは不可能であるため、雇用者に明らかに有利です。

key takeaways for employee punch clock 1619720682 9725

従業員のパンチクロックのための重要なポイント従業員のパンチクロックは、

  • 従業員と雇用者に長所と短所の両方を提供します。
  • 長所と短所は、使用される特定のタイムクロック技術によって大きく左右されます。

 cta content inline and exit intent
デモのスケジュール