1 min read

5

5 strategies to improve communication at work

By

5

職場コミュニケーションを改善するためのヒント効果的なコミュニケーションは、ビジネスの成功のために絶対に不可欠です。従業員が一緒に働く方法を最適化するために、より快適に感じることから、職場での効果的なコミュニケーションの多くの利点があります。

対照的に、効果のない職場でのコミュニケーションは、多くの重大な結果をもたらす可能性があります。職場でのコミュニケーションの悪い結果の中には、戦闘的な企業文化や従業員のエンゲージメントレベルの低下が含まれます。

職場のコミュニケーションを改善したい企業は、試行された真のヒントを実装することができます。職場でのコミュニケーションを改善するための5つの戦略は次のとおりです。

1.

1 mindfulness 1612558917 3191

マインドフルネスマインドフルコミュニケーションは、従業員がより効率的に連携するように促すだけでなく、従業員が会話中に検証されたと感じられるように促すことができます。しかし、マインドフルなコミュニケーションは、使用される単語だけよりもはるかに多くを包含します。

適切なボディランゲージとアイコンタクトは、マインドフルなコミュニケーションの2つの重要な要素です。そのため、すべての顔対面の会話の参加者は、彼らの非口頭ボディランゲージとアイコンタクトの両方を慎重に考慮する必要があります。

コミュニケーションが不十分であると、アイ・コンタクトやボディランゲージの欠如、または攻撃的であると解釈される顔の表情などが挙げられます。また、良好なコミュニケーションは、強いが、適切なアイコンタクトとリラックスしているボディランゲージを含むかもしれません。

追加のボディランゲージのヒントは、スピーカーが正しく聞こえたことを知っていることを確認するうなずきを含みます。従業員が合意にうなずくに時間がかかるときは、アクティブなリスニングが発生していることを示すのに最適な方法です。

トーンは、口頭コミュニケーションと非言語コミュニケーションの両方で重要です。一貫した、適切でプロフェッショナルなトーンを維持することは、オープンなコミュニケーションとより効果的な双方向コミュニケーションを促進します。

Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
Try it free for 14 days.

2.

書かれた概要一部の人々は口頭コミュニケーションの相互作用からより多くのを保持しながら、他の人は非言語コミュニケーションを好む。

そのため、最近の口頭でのコミュニケーションをまとめた書面によるフォローアップは、職場のコミュニケーションを改善する素晴らしい方法です。書面による要約は、1対1の会議の後、またはグループ会議の後に送信することができます。

任意のチームミーティングの前に、チームメンバーはメモを取るために任命する必要があります。会議が終了したら、割り当てられたチームメンバーは、これらのメモを箇条書きのハイライトに変換する必要があります。

文法上の誤りがないか要約を確認した後、チームメンバー全員の参加者にメモを送信できます。書かれた要約は、チームのコミュニケーションを促進し、経営陣は、彼らが最初に会議中に言及することを忘れてしまったかもしれない考えを共有する機会を可能にします。

経営陣は、チームメンバーに質問し、要約の最後に彼らのオープンドアポリシーを思い出させるように奨励する必要があります。

3.

3 active listening 1612558917 3145

アクティブリスニング効果的な双方向会話は、アクティブリスニングの練習に関与する両当事者を必要とします。 従業員が話した感じや会話を通して解雇されたとき、職場のコミュニケーションは効果的ではありません。

双方向のコミュニケーションに参加しながら、経営陣は質問をし、フィードバックのために一時停止する時間を取ることを確認する必要があります。このヒントは、1 つの会議で 2 方向の 1 つの会議だけでなく、大規模なグループ会議にも役立ちます。

職場のコミュニケーションを改善するもう1つの優れた方法は、管理専門家のためのオープンドアポリシーを実装することです。オープンドアポリシーは、彼らがそうやって快適に感じるたびに、仕事関連の会話を容易にするために、従業員を奨励します。

4.

注意忙しい職場環境で会話をすると、参加者が集中することは困難になります。特にストレスが高い業界では、コミュニケーションが急いだり不完全になったりすることがよくあります。

参加者は、職場での効果的なコミュニケーションに時間がかからない場合、その後、貧しいコミュニケーションが当たり前になります。会話を通じて細心の注意を払って提供することは、職場でのコミュニケーションを改善するために非常に重要です。

会話中に気を散らされないようにする素晴らしい方法は、電子機器を片付けることです。スマートフォンは、チームメンバーのための素晴らしいコミュニケーションツールですが、彼らはまた、顔対面の会話中に大きな障害になる可能性があります。

Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
Try it free for 14 days.

5.

5 comfort 1612558917 4944

快適良好なコミュニケーションは、チーム全体が互いに快適に相互作用することを必要とします。チームビルディング活動は、各チームメンバーが自分のコミュニケーションスタイルだけでなく、他のコミュニケーションスタイルをよりよく理解するのに役立つ素晴らしい方法です。

一般的な貧しいコミュニケーションミスは従業員が質問したり、フィードバックを提供することを恐れているとき、特に管理専門家に発生します。これに対抗するために、経営陣は、新入社員から熟練したスタッフまで、スタッフの全員、オープンドアポリシーを繰り返し表明する必要があります。

職場でのコミュニケーションを改善することは間違いなく、いくつかの変更が必要ですが、それはそれが供給する利益のための時間と労力の価値があります。

  • 主な取り組み職場でのコミュニケーションの向上を積極的に奨励することは、多くの大きなビジネス上のメリットをもたらします。
  • 職場でのコミュニケーションを改善するための戦略は、アクティブリスニングの練習から適切なアイコンタクトの維持まで多岐にわたります。

 cta content inline and exit intent