1 min read

年間運用計画を作成するための5つの簡単なステップ

5 easy steps to develop an annual operating plan

By

非効率性を最小限に抑え、リソースを適切に割り当てて、最適な結果を得るには、 プランニングが唯一の方法です 。ビジネスの世界では、計画は、操作を合理化し、過去に問題を引き起こしたミスを修正するための要件です。定期的な計画は、本当に重要なことに焦点を当て、成長を達成し、利益率を高めるのに役立ちます。

計画プロセスでは、短期目標と長期目標の両方を記述することが重要です。彼らは簡単に一連の小さなステップを取ることによって達成することができるので、短期的な目標は、日常業務を維持するために優れています。長期的な目標はまた、効果的な動機付け要因ですが、彼らは小期目標を達成するの数年なしで達成することはできません。

成功している企業は、業績追跡を最適化し、将来の業務改善に重点を置くために、年次報告書に小さな目標を概説しています。

build an annual operating plan in 5 steps 1612827448 7620

5ステップで年間運用計画を構築年次運用計画は、短期的な事業目標達成に必要な財務、予算、主要業績評価指標、その他のリソースについて説明した報告書です。

これは、主要な目標を満たすために必要なプロジェクトや目的を特定し、日常的な事業活動を行う基盤として使用されています。

毎年恒例の運営計画は、常に翌年をカバーし、事業とその目標に関する重要な質問に対処するために書かれています。これには、

  • キータスクを実行するビジネスユニットは何ですか。
  • これらのプロジェクトを監督する責任は誰ですか?
  • キータスクを実行するのに必要なリソースはいくつですか。
  • これらの目標に向けて取り組むには、何らかの財務リスクがありますか?
  • 組織は中断とリスクを軽減して、成功を確実なものにするにはどうすればよいでしょうか。
年間運用計画は、戦略計画と同じではありませんが、それに関連しています。戦略計画は、成長目標を達成するために必要な様々な戦略を説明しながら、それはまた、市場の状況や投資家の需要の要因です。

年間運用計画は、業務を合理化し、 主要な目標を達成するために 、社内ワークフローと顧客関係の最適化に重点を置いているという点ではより限定されています。

年次営業計画には、次のコンポーネントが含まれます。


  • 目標ビジネス活動品質採用要件および現在の従業員要件のマイルストーンと追跡に使用される時間枠メトリックの維持に必要な実績基準

Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
Try it free for 14 days.

年次運営計画の作成方法年次運用計画の主な目的は、企業が重要なことに焦点を当てて、翌年の成長目標を達成できるようにすることです。これは、モチベーターとして機能し、組織全体の説明責任を保証します。

意思決定者は、主要な企業目標との整合性を確保するために、年次運用計画に概説されている内容に基づいて、役職と部門の目標をキュレーションすることができます。

運用計画を作成するためのベストプラクティスには、

1.

戦略計画の評価年間運用計画は、 戦略計画の成功を保証するために使用されるツールです 。したがって、戦略的な計画がなければ、年次計画を書くことは不可能です。事業所有者は、戦略的計画は、年間計画の品質を確保するために必要なすべてのコンポーネントを持っていることを確認する必要があります。

戦略計画には、通常、ビジョンステートメント、ミッションステートメント、組織のコア値、SWOT分析、長期目標、年間目標、および必要なアクションが含まれています。

2.

2 identify business objectives 1612827448 4194

事業目標の特定年次計画に含まれる目標は翌年であり、長期目標ではありません。ベストプラクティスには、5〜10個の簡単な目標を挙げて、それを達成するために必要なアクションを列挙することが挙げられます。
これには、資産管理の向上、品質管理技術の導入、データセキュリティ対策の実施、オンボードプロセスの刷新などが含まれます。

Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
Try it free for 14 days.

3.

主要業績評価指標の選択これらの目標を達成するための進捗を測定および追跡するには、一連の KPI が必要です。履歴情報の傾向を見いだす主要業績評価指標を遅れるのではなく、将来の成果を予測する主要な主要業績評価指標を使用する方がよいでしょう。

これは、将来の目標をマッピングするときに最適なソリューションです。新しいプロセスであり、より多くのデータなしで古いプロセスと比較することは常にできないからです。

すべての目標は、SMART、または具体的、測定可能、達成可能、関連性、時間制限でなければなりません。また、すべての関係者と KPI を確認して、フィードバックを得て、全員が同じページにアクセスできるようにすることも重要です。

4.トラッキングソリューションを特定する KPI

4 identify a tracking solution 1612827448 6398

が決定されると、その追跡にどの方法を使用するかを識別できます。パフォーマンスを追跡する最も一般的な方法は、KPI ダッシュボード、高度な分析、週単位の会議、Excel スプレッドシート、タスク管理ソフトウェア、または 1 対 1 チェックインです。

職場の説明責任を確実にするために、その進捗状況を追跡する方法を全員が把握しておくことが重要です。

5.

計画を伝える最後に、新しい計画、期待される内容、変更されたワークフロー/要件について、すべての人が理解できるようにすることが重要です。新年の初めに、ビジネスリーダーは、各部門と年次計画を伝えるために時間を確保する必要があります。

毎週の会議は、 年次計画の実施に向けた進捗状況を追跡し 、特定の労働者が毎日自分のパフォーマンスを測定する方法を知ることができます。

主なポイント結論として、年次営業計画について覚えておくべき重要なポイントは次のとおりです。

key takeaways 1612827449 5578

年次計画では

  • 、事業運営と主要目標の達成に必要な財務、予算、タスク、主要業績評価指標について説明します。
  • 年次運用計画を書くために 、ビジネスリーダーは、まず戦略計画を見つけ、その品質を確保する必要があります。次に、ビジネス目標を特定する必要があります。これらは、具体的、測定可能、達成可能、関連性、時間制限のある短期目標でなければなりません。
  • ビジネスリーダーは、目標のセットを選択した後、パフォーマンスの追跡に使用する主要業績評価指標を決定できます。
  • 追跡システムは、これらの目標を達成するための進捗状況を監視するために決定し、使用されなければなりません。最後に、プランは関係するすべての人に伝え、同じページにあることを確認する必要があります。

 cta content inline and exit intent
デモのスケジュール