1 min read

作業効率って何ですか?

what is work efficiency really

By

効率とは何ですか?

定義上、効率は、費やされた労力と時間の最も少ない量でタスクの達成です。職場では、用語効率は、一般的に従業員によって完了した労働を指します。

高効率の労働従業員は効果的で有能です。効率的な従業員が通常示すように、効率的に働く従業員を特定することはそれほど難しいことではありません-

  • 生産性の高い労働倫理従業員のエンゲージメントの上昇優れた時間管理スキルチームの生産性の向上要するに
、高効率な仕事従業員は、仕事を完了させる方法を知っているだけでなく、良い仕事が生産されていることを確認する一つです。対照的に、仕事の効率が低い従業員は:
  • 従業員のエンゲージメントの減少ソーシャルメディアの使用過度のチームビルディング活動への関心の低下時間管理の問題

    the value of working efficiently 1613072340 8139

    効率よく働く価値高効率な職場は、ビジネスの成功に直接つながります。企業が効率を向上させるときに得られるメリットは極めて優れています。

    企業が業務効率を向上させるための取り組みから利益を得る方法の1つは、収益性の向上です。個々の従業員の効率とチームの効率性の両方を改善することで、運用コストを大幅に削減できます。

    企業は、ワークフローのメンテナンスに費やすコストを減らしながら、同じ金額またはさらに多くのお金を稼ぐことができます。企業が低コストでサービスや商品を生産することができれば、彼らはより多くの利益を保持します。

    多くの人々は彼らの周りの人々の行動に基づいて彼らの行動を。スタッフは、毎日効率的に働く同僚に迎えられるとき、彼らはおそらく、自分の従業員の効率レベルを向上させる動機になります。

    従業員は、ポジティブで刺激的な職場環境で最高の働きをしています。従業員が仕事を終え、重要なタスクを達成する職場環境は、モチベーションとポジティブ性を育む可能性が高いでしょう。

    ポジティブな職場環境はそれ自体がメリットですが、それはさらに多くの特典をもたらすことができる利点でもあります。例えば、積極的な職場環境は、従業員のエンゲージメントレベルを上げて、スタッフのワークライフバランスを改善することができます。

    高い従業員のエンゲージメントレベルと優れたワークライフバランスを持つ職場は、優秀な人材従業員を引き付け、維持する可能性が高いことはよく知られています。その結果、作業効率を向上させることは、すべてのスタッフだけでなく、ビジネス全体にも利益をもたらす可能性があります。

    Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
    Try it free for 14 days.

    効率対有効性多くの人々は、効率性、有効性、生産性などの用語を毎日同じ意味で使用しています。しかし、多くの人々は、これらの言葉の間に大きな違いがあることを知っていません。

    有効性と効率性の間には、企業が理解していることを確認しなければならない違いや類似点があります。2 つの概念が収束し発散する方法を理解することは、作業効率と有効性のレベルを向上させるために不可欠です。

    相違効率と有効性の違いをよりよく理解するには、有効性を明確に定義することが有用です。有効性は、無駄なリソースの最小量で達成される生産として定義されます。

    職場では、生産は重要なタスクから完了したプロジェクト管理活動までの範囲です。このコンテキストのリソースは、人件費から従業員に費やされた時間までさまざまです。

    事業収益性の向上に効率が必要な場合、ビジネスの成長には有効性が求められます。

    similarities 1613072340 1108

    類似点有効性と効率は本質的に共生的です。つまり、効率が機能するためには、効率も有効でなければなりません。

    重要な作業タスクを完了することは有効ですが、正しい方法でそのタスクを完了することは効率的です。効率的に作業することで、従業員は以前と同じくらいの時間を使ってより多くの作業を行うことができます。

    従業員がより多くの作業を完了するために少ない時間またはちょうど多くの時間を費やすとき、ビジネスの利益を得ます。ビジネス上のメリットには、収益性と従業員のエンゲージメントレベルの増加が含まれます。

    Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
    Try it free for 14 days.

    効率性と生産性生産性の違いを明確にすることが重要です。効率と生産性は、しばしば同じ意味で使用されますが、同じではありません。

    職場では、生産性は広く重要なタスクが完了する速度として定義されています。生産性は、性能と生の出力を測定するのに非常に有用です。


    生産性と効率には違いと類似点があります。作業効率と生産性の向上には、2つの概念が交差し発散する方法を理解することが不可欠です。

    類似点生産性と効率がしばしば同じ意味で使用される一般的な理由の1つは、重複する要因を測定するという事実に起因する可能性があります。生産性は、経時的な出力の測定として定義されます。

    一方、効率は入力対出力を測定します。2つの概念が重複する1つの方法は、時間を測定するときに発生します。これは、時間がリソースとみなされるためです。

    作業効率と作業生産性を最大限に活用する最善の方法は、生産性を利用して個人のパフォーマンスと効率を測定し、プロセスのパフォーマンスを測定することです。しかし、企業は常に、これらの測定に影響を与える外部要因を調べていることを確認する必要があります。

    効率と生産性は驚異的なツールですが、根本的な問題については説明しません。たとえば、作業効率の低下は、従業員のエンゲージメントやワークライフバランスの問題を示す可能性があります。

    ビジネスでは、作業効率と生産性の変化に影響を与えている要素が何であるかを明確に理解する必要があります。このように、作業の生産性と効率レベルだけでは両方に影響を与える外部の要因の慎重な分析なしに、職場での任意の主要な意思決定を駆動すべきではありません。

    例えば、中小企業の経営者は、作業効率と生産性のレベルを向上させるためにイニシアチブの実装に過焦点であるが、従業員の精神的健康のような外部要因を考慮することを否定する状況。このような状況では、中小企業の所有者の行動は、作業全体を迅速にタンクすることができます。

    生産性と効率性をともに活用することで、企業は作業を完了するために必要な時間やその他のリソースを把握できます。これらの計算は、ビジネスオーナーが従業員の時間やその他のリソースを最も理想的に使用していることを確認するために不可欠です。

    differences 1613072341 5462

    相違効率と生産性の最も重要な違いは、その焦点です。効率は投資されたリソースと廃棄物のレベルに重点を置いているのに対し、生産性は結果の達成率に重点を置いています。

    これを理解するための最良の方法の1つは、2つの被験者が同じ生産性のレベルを持つことができるが、同じ出力に投資されるリソースの量が異なるため、より高い効率を持つことができることを考慮することです。

    生産性と効率性のもう1つの顕著な違いは、それぞれの用途が最も適している点です。たとえば、生産性の測定は、効率ほど機械にとって有用ではありません。

    マシンは、大きなアップグレードまたは機械的な問題であり、生産レベルは固定されています。あるいは、ビジネスは生産性レベルを上げるか、従業員の生産性レベルを低下させることができます。

    したがって、機械の生産性のレベルを測定することは可能ですが、実際にはどの能力でも作業を向上させる可能性は低いです。また、ワークフローの小さな変更でも大きな結果を生み出すことができるように、従業員のパフォーマンスを測定するために生産性を活用することは有用です。

    生産性の測定は、トラブルシューティングの目的でも非常に役立ちます。過去と現在の従業員の生産性とチームの生産性のレベルを比較することで、問題が他の場合よりも早く特定されます。

    その結果、企業は仕事の生産性が低いかどうか疑問に費やす時間を減らし、生産性レベルを上げようと多くの時間を費やすことができます。

    従業員の効率を向上させる方法効率、生産性、

    および有効性の違いや類似点を理解することで、企業はそれぞれの概念に明確に焦点を当てることができます。しかし、概念を理解することは、変化のためにその力を利用する始まりに過ぎません。

    中小企業の経営者と大企業のCEOの両方が、職場での効率を向上させる最善の方法について疑問に思っているかもしれません。ありがたいことに、業務効率の向上を目指すビジネスプロフェッショナルを導くベストプラクティスはたくさんあります。

    作業効率を向上させる5つのベストプラクティスは次のとおりです。

    1.

    1 task management 1613072341 5901

    タスク管理ビジネスオーナーと人事部門のスタッフは、同様に仕事に費やす時間の推定60%が実際に仕事自体に費やされていないことを発見することにショックを受けるかもしれません。実際、研究では、従業員が仕事で費やす時間の60%は、実際にそれを行うのではなく、仕事を完了させる方法を計画していると推定しています。

    言い換えれば、従業員が仕事中にいる時間の60%は、彼らが読んでいるか、話している、または仕事を完了させる方法を計画しています。この割合に含まれる活動は、チームワークミーティングから職場のソーシャルメディアでの会話まで、多岐にわたります。

    従業員が時間を無駄にする状況を減らすことは、効率を向上させるために不可欠です。可能な限りタスクをシンプル化、合理化、自動化することで、イニシアチブの効率化を大幅に支援します。

    2.時間管理作業効率を高めるためには、

    適切な時間管理が不可欠です。タイムトラッカーのような時間管理ツールは、従業員が時間の無駄を少なくし、代わりに重要なタスクに集中するのに役立ちます。

    自動時間管理ツールは、作業チームメンバーが従事している作業と完了した作業をリアルタイムで表示します。さらに、適切な時間管理ツールを導入することで、時間の盗難が減り、あるいは完全に排除されることさえあります。

    リソースが限られている中小規模企業、または時間管理ツールが最適かどうかわからない企業の場合、専門家は、さまざまなソフトウェアプログラムの無料トライアルを試してみることをお勧めします。

    3.

    3 employee training 1613072341 2501

    従業員のトレーニング多くの人々は、会社のための時間とお金を節約するために、従業員のトレーニング時間を短縮することを検討しています。しかし、実際にトレーニング時間を短縮すると、従業員の効率レベルが下がります。

    従業員のトレーニングは、個々の従業員の効率とチーム効率レベルの両方を最適化することに焦点を当てる必要があります。個々のプロジェクト管理スキルとチームビルディング活動を開発することは、企業が従業員のトレーニングプログラムを改善する可能性がある2つの方法です。

    4.

    リモートワーク残念ながら、経営管理の高いレベルの多くの人々は、彼らが変更する必要があるという固い証拠を提供しても頑固です。これが明白である一つの方法は、在宅勤務現象に関してである。

    調査によると、リモートで働く従業員の生産性は、オフィスから強制的に働かなければならない従業員よりも生産性が高いことが証明されています。専門家は、企業が生産性と効率を向上させる最善の方法は、リモート作業に切り替えることであると広く同意しています。

    経営幹部が毎日の微細管理に費やす時間が少なくなると、すべてのスタッフはより良いワークライフバランスを保ち、生産された良い仕事は急騰します。

    5.

    インセンティブリモート作業能力に加えて、作業効率を向上させる最善の方法は、インセンティブ化によるものです。調査によると、従業員にインセンティブを与えることは、生産性と従業員のエンゲージメントレベルを向上させることが示されています。

    金融インセンティブは、一般的に従業員が行った良い仕事を認識するための最良の方法と考えられています。金融インセンティブは、安定した昇給から通常のボーナスまでさまざまです。

    非金融インセンティブはまた、特に金融インセンティブと組み合わせた場合、強力な動機です。非金融インセンティブは、追加の有給休暇の授与から、パーソナライズされたサンキューカードの送信まで多岐にわたります。

    conclusion 1613072341 7907

    • 結論中小企業か大企業であろうと、物事を職場内で可能な限り最良の方法で成し遂げることは簡単な作業ではありません。
    • 作業効率、生産性、有効性を高めるには、その違いや類似点を理解する必要があります。
    • 効率の向上は、チームのダイナミクスを改善する能力から全体的な作業管理の最適化まで、幅広いメリットをもたらします。

     cta content inline and exit intent