1 min read

組織がその目標を達成できるように、なぜ、

the what why and how of team collaboration

By

チームコラボレーションとは何ですか?

チームコラボレーションは、職場でのコミュニケーションと効果的なタスク管理を促進するビジネスアプローチを指します。その目的は、創造的思考、協力、および部門間の平等な関与を強調することです。

ビジネス環境では、個人がタスクを完了し、パフォーマンス目標を達成するために協力する必要があります。成功した組織は、このプロセスを成功させるために効果的なチームコラボレーションを促進することの重要性を理解しています。

チームワークを最適化する組織は、より強力な内部関係と合理化されたビジネス活動を持っています。これにより、主要なパフォーマンス指標を満たし、収益を上げることができます。

  • 従業員とマネージャーの 75% が組織においてチームワークが極めて重要であると回答しています
  • 86% の経営幹部のコミュニケーションが不足し、
  • 職場での障害につながった企業の 80% がコラボレーションソリューションを使用してコミュニケーションを最適化する
  • 54% の労働者は、コミュニティ意識が強く、通常よりも長く組織を維持していると言っています。
  • チームコラボレーションが重要である理由コミュニケーションは、組織を一緒に保持する接着剤です。企業が効果的なコミュニケーションを奨励し育てることができない場合、プロジェクトを完了し、従業員の士気を維持し、新しい顧客にビジネスを行うことを奨励することはより困難です。

    チームコラボレーションは、組織が効果的なコミュニケーションを合理化した場合にのみ機能します。コミュニケーションを促進するビジネスは、チームワークを可能にします。コミュニケーションを最適化することで、ビジネスプロセスに関する日常的なコラボレーションを促進することは、生産性を向上させ、収益性を達成する方法です。

    Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
    Try it free for 14 days.

    チームコラボレーションが重要である理由異なるコミュニケーション媒体や技術を活用することで、従業員は共通の目標を達成するために協力することができます。成功したチームが目標を達成しているとき、同社は顧客関係を強化し、収益目標を達成します。ここでは、チームコラボレーションが重要な理由トップ3の理由があります-

    • ブレーンストーミングを促す -コラボレーションは、従業員が創造的な思考、アイデア共有、および問題を解決するために異なる視点を提供することにより、身近な目的を達成するために一緒に作業することを可能にします。


    • 価値を生成する -従業員が同様の目的を満たすために働くとき、それは誰もが重要性の感覚を与えます。チームメンバーとビジネスの両方のために協力することによって得られる共通の利点があります。


    • 機会均等を提供する -一緒に働くことは、各グループメンバーがアイデアを共有し、関与する機会を均等にします。


    • 自己分析の促進 -チームコラボレーションは、各従業員が複雑な状況を考え、分析するために挑戦します。それは彼らがパフォーマンスを向上させることができる場所を確認するために、個人が自分の長所と短所を評価するのに役立ちます。


    • より良い問題解決-異なるスキルセットと専門知識のレベルが一緒に配置されている場合 、それはより良い問題を解決するために装備されている才能のプールになります。


    • 全体像を見る能力 -プロジェクトを個別に作業する場合、さまざまな要件のすべてに圧倒されるのは簡単です。他のグループメンバーと協力することで、達成すべき内容とその理由について包括的に把握できます。


    • 学習文化を促進する -グループ内のすべての人は、他のメンバーから新しいことを学びます。なぜなら、各個人には他の人が持っていないスキルセットが異なるからです。これにより、従業員の知識が向上し、情報共有が促進されるため、全員が主要な目標を達成できます。

    チームコラボレーションチームのコラボレーションのメリットは、全体として、従業員と組織の両方に便利です。社内コラボレーションやコミュニケーションが不十分な場合、組織はクライアントやベンダーと良好な外部関係を持つことはできません。

    グループワークを通じて士気を高め、関係を築くことで、ビジネス全体がその価値の提案を達成します。効果的なチームコラボレーションと構築活動による内部業務の強化は、組織にとって他のいくつかの利点を提供します。

    1.生産性の向上

    Good チームコラボレーションは、メンバーが同僚の強みを活用し、非効率性を抑制できるため、生産性のレベルが向上します。

    例えば、あるチームメンバーは、別のメンバーのライティングスキルの欠如を補う提案を書くことに熟練しているかもしれません。その結果、プロジェクトは、各人がリアルタイムで一人で働いた場合よりも短い時間で、高品質で完了します。

    チームメンバーが最適化されたソフトウェアソリューションを使用して要件を完了すると、作業者はデータを簡単に通信して共有できるため、生産性がさらに向上します。

    Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
    Try it free for 14 days.

    2.

    2 encourages skill building 1612994704 3188

    スキル構築を奨励する一緒に働くことは、会社と従業員の両方にとって同様に重要です。個人がプロジェクトを完了するために協力するとき、彼らは他の人の中で最高のものを引き出す情報と専門知識を共有します。また、各従業員は、他の人がどのように問題を解決し、日々の仕事で自分のスキルセットを使用するかを確認することができます。

    これは、新しいスキルを学び、異なる知識を習得し、異なる分野でそれらを活用する機会を提供します。さまざまな視点から学習することで、個人のボトルネックやパフォーマンスの問題を最小限に抑えるためのフレームワークも提供されます。

    3.

    より良い問題解決人々が一緒に働くとき、すべてのビジネスプロセスと必要なタスクがはるかに迅速に達成されます。人は問題を解決するのに数週間かかることがありますが、他の人の専門知識と知識を1日で解決することができます。

    異なる視点により、1人の従業員が一人で考えることができないかもしれない新しいアイデアや推奨事項を誰もが考え出すことができます。

    4.

    従業員エンゲージメントの向上従業員が他者と協力してビジネス・プロセスを完了すると、関係を構築し始めます。誰もがより個人的なレベルで互いに知り合って、より大きなコミュニティの一員であるように感じることができます。

    効果的なコミュニケーションを促進する強力な内部関係は、従業員の士気を高め、離職率を下げるのに役立ちます。

    作業者は、タスクを完了し、個人的なレベルで他のチームメンバーを知るために互いに頼ることができるため、彼らは仕事でより幸せになる傾向があり、従業員のエンゲージメントを最適化します。

    5.

    5 aligns employee goals 1612994704 6837

    従業員の目標を整列するチームは、個人とグループの努力を組み合わせることによって統一された目標を達成します。満たすために単一の目的がある場合、各個人が何をすべきか、そしてなぜ彼/彼女はそれらの職務がより大きな目的に適合する方法を理解しているので、なぜ知っています。

    スキルと専門知識を組み合わせて、各ビジネスプロセスを最適化し、統一された目標を達成します。個々の目標をより大きな目的に合わせると、知識の共有と効率の向上を促進する効果的なサポートシステムがあります。

    6.

    汎用性の向上多用途性は、効果的なチームコラボレーションの結果です。各チームメンバーは、彼/彼女の役割を認識し、それは予期しない状況のために皆を準備し、最終的な目的を達成するのにどのように支援します。

    効果的なチームは、将来の問題を予測する方法を知っており、発生する前に中断を緩和するために協力することができます。

    一方、チームはワークフローや要件の変化にうまく適応できない場合は、この汎用性を達成することはより困難です。その結果、組織は、彼らがそうでなければチームワークの恩恵を得ることはありません。

    効果的なコラボレーションを確保するための戦略チームワークの利点は明白ですが、いくつかの課題は、強制的なコラボレーションから発生します。管理者は、常にチームビルディングを教えることの重要性を認識し、個人が一緒にうまく動作していないときにflummokedされていません。

    効果的なコラボレーションは、企業のすべての部分で一連の価値を統合する必要がある組織全体の努力です。ここでは、コラボレーションがワークプレースで効果的であることを確認するためのベストプラクティスをご紹介します

    1.

    1 share the mission repeatedly 1612994704 8487

    ミッションを共有する繰り返し労働者は、給料を受け取るだけでなく、会社で雇用される理由が必要です。会社の使命を繰り返し表明することで、従業員はより高い目的と価値のセットにつながり、エンゲージメントを最適化することができます。

    労働者は、自分の仕事が重要であり、各要件は、より大きな目的を達成するために役立っているかのように感じるべきです。各役割と職務に目的があることを知れば、ビジネスプロセスを完了するために他の人と関わり合うことになります。

    2.

    期待値を設定する従業員がチーム時間中に一緒に働くことになっていることがわからない場合は、おそらくそうしないでしょう。

    マネージャは、コラボレーションルール、ポリシー、および期待を設定する責任があります。オンボーディングプロセスにおけるコラボレーションの重要性について話し合うことで、従業員がこれらのポリシーを理解できるようになります。

    求人広告に個々の役割や共同役割についての説明を掲載することで、新入社員はいつ一緒に働くべきか、そして一人で作業する時期を正確に把握できます。

    3.

    目標の定義チームメンバーは、彼らが何をすべきか、なぜ正確にわからない場合、効果的に連携することはできません。

    毎日、チームリーダーは各メンバーから何が必要かを話し合い、説明責任を確保するためのタイムラインを提供する必要があります。

    KPIのセットを利用してパフォーマンスを追跡し、毎日会議して目標を定義することで、すべてのユーザーがより効率的に作業できるようになります。

    4.

    社員が懸命に評価されたと感じない場合、個々のタレント従業員の士気と生産性の低下に感謝します。KPIを満たす人々のための定期的な賞賛は、エンゲージメントと効果的なチームコラボレーションを促進するために驚異を行います。

    誰もが生まれたリーダーではありませんが、各人は彼/彼女のユニークな才能のために雇われました。優秀なマネージャーは、チームワークを改善し、知識共有を促進するために、これらの才能を特定し、奨励する方法を知っています。

    5.

    5 invest in knowledge sharing tools 1612994704 9425

    知識共有ツールへの投資知識と専門知識は、チームメンバーが簡単にアクセスできる必要があります。知識共有を最適化する組織では、コラボレーションの取り組みが改善されています。そのためには、必要な情報に容易にアクセスできるようにするツール、テクニック、システムに投資する必要があります。

    Slack などの社内コラボレーションソフトウェアシステムにより、作業者はドキュメントのアップロード、プロジェクトの話し合い、グループとしての共同作業を行うことができます。これにより、視点、非効率性を共有し、ソリューションを提供するためのスペースが作成されます。

    • Flowdock -チャットフォーラム
    • GoToMeeting -オンラインビデオ会議ソフトウェア
    • WebEx -個人的なビデオ会議室を提供
    • Trello - タスクとプロジェクトMillanoteを監視する管理ツール
    -クリエイティブプロジェクトのブログや整理に便利

    サイロ効果は何ですか?

    サイロ効果は、企業内の異なるビジネスユニットが相互に通信できない場合に発生し、その結果、効率とチームワークが低下します。これは、多くの場合、重複努力と無駄な時間につながる、それについて知らない他のチームが、同じプロジェクトで作業するために2つのチームを引き起こします。

    サイロ効果は、管理が不十分なリモートワーカーの間で、通信が効果的でないとき、または目標がずれている場合に発生します。状況にかかわらず、セグメント化された労働力は、従業員のエンゲージメントに悪影響を及ぼす可能性があります。

    従業員は問題を解決するために他の人に手を差し伸べる必要があるか、仕事を実行することは不可能です。組織内で接続性が促進されない場合、作業者の士気は低下します。その結果、企業は生産性の目標を達成したり、ボトルネックを解決したり、収益性を達成することはできません。

    デジタルトランスフォーメーションは接続性を最適化していますが、サイロ効果は依然として通常の問題です。企業が頻繁にリモートチームを採用しているため、それを排除することはかつてないほど重要になっています。

    ビジネス目標を達成するためには、適切なツールと戦略を活用してチーム間のパートナーシップを改善し、セグメンテーションの削減が不可欠です。

    チーム間のコラボレーションを向上させる方法ビジネスユニット間のコミュニケーションを促進することにより、

    サイロ効果を最小限に抑えることで、ワークプレイスの生産性と効率性が確保されます。危機や中断時にチームがずれた場合、時間と費用が浪費されます。

    コミュニケーションのボトルネックを防ぐには、チーム・リーダーが情報共有を促進し、フィードバックを得て、ベスト・プラクティスを実装する必要があります。ここでは、チーム間のコラボレーションを改善するためのトップ戦略を挙げます

    1.

    1 set up a foundation for communication 1612994704 2033

    コミュニケーション基盤の構築ユニット間の共同チームと効果的なコミュニケーションには、インフラストラクチャが必要です。チームリーダーは、コミュニケーション方法をメンバーに質問し、接続性を最適化するための一連のポリシーを確立する必要があります。この財団の構成要素には

    • 、使用される通信媒体の種類、会議が行われる頻度、各チームの責任などがあります。
    • 目標とする結果の概要。進行状況を追跡するためのKPIとメトリックスのセットが含まれます。
    コミュニケーションのためのインフラストラクチャを確立することにより、ワークチームは、問題が発生した場合、またはプロジェクトに支援が必要な場合に連絡する相手を知るのに役立ちます。また、日常業務を合理化し、各部門が目標達成に成功することを保証します。

    2.

    適応性の最適化効果的なコミュニケーションの基礎を設定することは、最良の結果を保証するために重要ですが、チームリーダーは、インフラストラクチャを進化させるような状況に開放する必要があります。

    たとえば、ある部門で一連の問題が発生した場合は、まずそれらの問題を解決することに集中して、ビジネスプロセスが時間通りに完了することを確認することをお勧めします。チームメンバーは、誰もが軌道に乗ることができるように、彼らは発生した危機を処理するのに十分な柔軟性を持っている必要があります。

    3.

    3 use visual boards and communication tools 1612994704 3844

    ビジュアルボードと通信ツールを使用するビジュアルディスプレイボードは、情報を一箇所にまとめ、誰もがそれを見ることができるようにするための効果的なツールです。マネージャは、これらのボードを使用して、更新、追加情報の提供、または予期しない状況の説明を行います。

    仮想コラボレーションツールまたは管理ツールは、すぐに更新を確認できないリモートチームにとって特に役立ちます。

    チームメンバーは、イントラネット、ソーシャルメディアページ、ビジュアルボード、バーチャルコラボレーションボードを毎日確認することをお勧めします。これにより、必要な作業と、リソース割り当ての最適化に役立つ理由について、すべてのユーザーに通知されます。ボードには、

    • その日のプロジェクトやチームの目標、および担当者が記載されることがあります。説明責任を強制するために、タイムラインも含める必要があります。
    • 最も重要な目標、重要なマイルストーン、必要なクロスコラボレーションを一覧表示するグラフ。
    • すべての部門メンバーとその構成方法のリスト。
    • スケジュール (該当する場合)。
    • リスクとチームがリスクを軽減する方法について説明したセクション。
    ビデオ会議は、特にリモートチームにとって、コミュニケーションを促進する効果的な方法です。会議を設定する前に、タイムゾーンの違いを考慮して、全員が参加できるようにすることが重要です。

    定期的な一対一の会議とグループミーティングを設定すると、生産性レベルに影響を与える個人およびグループのボトルネックを特定するのに役立ちます。

    重要なポイント結論として、

    • ここでチームコラボレーションについて知っておくべきことですチームコラボレーションは、ブレーンストーミングを奨励し、価値を生み出し、機会均等を促進し、問題解決を最適化し、誰もが全体像を見られるようにします。
    • チームコラボレーションのメリットには、生産性の向上、スキル構築、問題解決の向上、エンゲージメントの向上、目標の調整、汎用性の向上などがあります。
    • チームのコラボレーションを改善するために、会社は定期的にミッションを共有し、期待を設定し、目標を定義し、個々の才能に感謝する必要があります。また、メンバーはコラボレーションを最適化するためのコラボレーションツールを必要としています。
    • サイロの影響により、ビジネス・ユニット間の通信が減少し、全体的な生産性が低下します。コミュニケーションを改善するために、チームリーダーは、コミュニケーションの基礎を設定し、適応性を最適化し、ビジュアルボード、オンラインコラボレーションシステム、またはチームコラボレーションツールを使用する必要があります。

     cta content inline and exit intent